Daily Archives

One Article

今さら聞けない!?税理士の呼び方や郵便の宛名書きは?

人と接するとき、相手をどのように呼ぶかは、その人との親密度が判断基準になります。
たとえば、相手の苗字で呼ぶだけでなく、名前で呼んだほうがよいときもありますよね。
その場合、どちらかというと、名前のほうが親近感を持てるような気がします。
また、「〇〇さん」ではなく「〇〇ちゃん」のようがよい場合もあるでしょう。
ただし、異性の場合は名前で呼ぶのは望ましくないケースもでてきます。
それとは別に、相手によっては「先生」と呼ぶことも少なくありません。
「学校の先生」は典型的ですが、ほかの人に対して先生と呼ぶことも意外と多いものです。
先生と呼ぶ場合、その人への敬意の表れですが、自分と関わりのある相手を呼ぶことが自然な形ですよね。
お世話になっている相手が「税理士」の場合も「先生」と呼ぶことが一般的であり、当たり障りがないようです。
また、税理士宛に郵便を送るときなどは「〇〇税理士様」ではなく「税理士 〇〇様」が正解です。(名前はフルネームで書きます)
その前に税理士事務所の名前を入れますが、「〇〇税理士事務所御中」ではなく、「〇〇税理士事務所」と組み合わせて「〇〇税理士事務所 税理士 〇〇様」にします。